外付けハードディスクのデータを復旧させる【精密機器アドバイザー】

データを保護するために

HDD

データをうまく管理する

購入直後のパソコンは非常に快適な動きをします。しかし、hddの経年劣化により処理速度が落ち、スムーズな作業の妨げになります。これは、リカバリ(PCの初期化)でも、復旧させることには限度があります。そういった影響を軽減させるために、内蔵のものとは別のhddにコピーをしておくべきです。可能な限りPC内の容量は少なく保ち、別のhddを活用することで、PC自体を長く使うことができます。もちろん空き容量も増やすことができ、必要なデータのコピーやバックアップも含め、管理が容易になります。万が一、PCにトラブルが生じた場合でも、別のhddには影響はなく、大切なデータを保護することができます。また工夫した使い方として、いくつかhddを用意し用途ごとに使い分けることで、アルバム感覚で管理することもできます。自宅で使う際はもちろん、企業がデータを管理する際にもこの方法は便利となります。例えば自社の売上データなどと顧客データを分けて保存しておけば、管理しやすくトラブル防止につながるでしょう。

安心の信頼性

PCデータは削除をしても、完全に消去することはできていません。もとのデータは内部に残っており、コピーして復旧することができます。これは一見メリットでもありますが、目には見えない部分であり、悪用される可能性があります。データをフォルダに格納し、それぞれにパスワードを設定することで悪用から守ることもできます。しかし別のhddを用意し、ドライブ自体にパスワードを設定することで、非常に効率的な管理をすることができます。また、データの完全な削除やhddの破損に伴い、不要になった際、簡単に物理破壊できることも、便利な特徴のひとつです。使い方は人それぞれですが、利便性だけでなく安全面においても、人々から厚く支持されています。